知らなきゃNG?!育乳のためのバストの仕組み講座!

乳腺を発達させよう

バストの構造は、乳腺とクーパー靭帯、それから脂肪組織によって出来上がっています。クーパー靭帯は繊維組織の束から成り立っているため、千切れたら再生が出来ない繊細な組織でもあります。
さらにバスト全体を大胸筋が支えていることによって、バストは成り立っているのです。つまり、乳腺を発達させることにより、それを守ろうと脂肪組織が集まります。このことでバストはサイズアップしていくのです。

乳腺を発達させる女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。どちらも胸を大きくするためには非常に重要な役割を持っています。エストロゲンとプロゲステロンは体内で生成され、必要な時に分泌されるのでバストアップには欠かせない存在と言うことが出来るでしょう。

また、女性ホルモンの生成には普段の生活が鍵を握っています。運動や食生活などの生活習慣を整えることによって女性ホルモンの分泌は促されてますが、加齢とともに女性ホルモンの生成は低下していきます。食事や生活習慣を改善してもバストサイズが見直せないという場合にはサプリメントを服用するという人も中にはいるようです。足りない栄養素を補うという意味では有効と言えるでしょう。